不快な発明1位はカラオケ「10人歌いたければ被害150人」という記事より。

8日付英紙インディペンデントは、英国人を対象にした調査で「最も重要と思いつつも最も不快に感じる発明品」として、日本発祥のカラオケが携帯電話などを抑えて1位となったと報じた。

「最も重要と思いつつも最も不快に感じる発明品」という調査がそもそもユニークなのですが、2,500人以上の大人を対象に実施されたそうです。

1位 カラオケ(22%)
2位 24時間スポーツチャンネル(17%)
3位 ゲーム機(12%)
4位 携帯電話(11%)

2位のスポーツチャンネルは「そんなにスポーツ垂れ流してどうすんのや!」という思いなのでしょうかね。

ちなみに日本だとカラオケといえばカラオケボックスがありますが、イギリスではまだ広まっておらず、パブに置かれていることが多く「音痴の人や酔っぱらいの歌声が“騒音”被害を招いている」のだそう。

なるほど。そういう環境だと、確かに迷惑と感じる人が少なくないかもしれませんね。カラオケパブだったらいいんだろうけど。「カラオケは10人歌いたい人がいれば、その後ろには被害を受ける人が150人はいる」と言う人も。

同紙は、カラオケは日本の井上大佑氏が1971年に発明したと伝え、特許を申請していれば約1億5000万ドル(約136億円)を得ていた可能性があったとの試算があるとした。

カラオケ - Wikipediaによると「カラオケ」以前は「空演奏」と呼ばれていたようです。

カラオケJOYSOUND Wii(特典無し)

カラオケJOYSOUND Wii(特典無し)

■関連記事

英国で不快な発明1位は…「カラオケ」

「人々を街に繰り出させ、楽しませている」とのカラオケ機器会社幹部の反論も伝えた。