米42歳女性18人目出産「もっとつくる」という記事より。

米メディアは19日、南部アーカンソー州に住む米国人女性(42)が18番目の子供を出産したと報じた。米国でも最近、ほとんど例のない子だくさんで、父親(43)は「最高のクリスマスプレゼントだよ」と喜んでいる。

すごい‥‥日本でも大家族がテレビで放送されたりしますが、さすがに18人というのは聞いたことがないような‥‥。

ミシェルさんは17歳の時に夫のジムさんと結婚。4年後に長男のジョシュアさん(20)を生んだのを最初にほぼ1、2年おきに出産を続け、今回で男10人、女8人となった。

21歳の時から、ほぼ1〜2年おきに出産しているということなのですね。よほど子供好きなんでしょうねぇ。

出産にもリスクがある訳で、それを乗り越えての18人ですからとんでもないくらいにすごいことだと思います。

普通だったら「どうやって暮らしているの?」と思うところですが‥‥

自宅建物は約650平方メートルの広さがあるが、家族が自力で建築。食費も自給自足などの工夫で月に2000ドル(約18万円)以下という。

ということで、家族が力を併せて衣食住を賄っているという感じですね。18人たら野球が2チーム。天晴です。

■関連記事

野球できるゾ!42歳女性、18人目出産

母親はミシェル・ダガーさんで、18日夜に体重約3300グラムの女児を帝王切開で出産した。母子ともに健康という。

あっぱれ!米国の42歳女性が第18子出産

不動産業などを営んでいるジムさんは借金もなく「私も妻ももっと子供をつくりたい」と話している。