顔の80%を移植!世界初22時間大手術という記事より。

米オハイオ州の医療機関「クリーブランドクリニック」は17日、顔に大けがをした女性に死者から顔のほぼ全体を移植する移植手術に成功したと発表した。

2005年以来となる、世界で4例目の顔面移植手術がアメリカの病院で実施されたというニュースです。ただし80%もの広範囲は世界初とのこと。

医療チームによると、女性は下あごを除き、ほぼ目線から下の顔面をえぐられるような外傷を負い、そのままでは呼吸や食事もできなくなった。

呼吸も食事もできないというのは‥‥。そこで、その部分を丸ごと亡くなった人から移植することになっのだそうです。22時間の手術は無事に成功したとのこと。

手術から約2週間たっても拒絶反応はなく状態は良好で、1年後には食べたり話したりできるようになる見通しだという。

拒絶反応がないというのは何よりです。顔つきは提供者には似ないということです。

■関連記事

提供者には似ない?顔のほぼ全部を移植に成功

チームによると、顔つきは筋肉や脂肪など深層構造に左右されるので、提供者には似ないという。

米国でほぼ全体の80%に及ぶ顔面移植

遺族の同意で死者から鼻やほおの筋肉、骨、神経、血管、上あご、歯の一部を含む顔の組織の提供を受け、約22時間の大手術で約500平方センチ分を丸ごと移植。