「青い光」で飛び込み防げ!京急・弘明寺駅、設置後ゼロにという記事より。

実際に自殺防止に役立つかどうかは専門家の間でも意見が分かれているが、すでに青色照明を設置している鉄道会社は「それまで毎年起きていた自殺がゼロになった」などと効果に手応えを感じている。

防犯効果があるとして導入されるようになった「青色照明」が、自殺防止として駅のホームなどにも設置され効果が出ているのだそうです。

導入しているのは京浜急行の弘明寺駅です。「自殺を1件でも減らすため、できることはなんでもしてみようと、わらにもすがる思いで始めた」のだとか。

設置後、年に数件あった飛び込み自殺は無くなっているそうです。

また、JR東海で踏切に「青色照明」を設置したところ、

その結果、夜間の車の踏切事故がゼロになり、飛び込み自殺もなくなった

ということで、目に見える効果が出ているみたいです。

慶応大の鈴木恒男教授(色彩心理学)は次のようにコメントしています。

青色を見ると落ち着くという実験データはあるが、珍しい色だから人目につくため、犯罪や自殺を避けようという意識が働くことも考えられる。ただし、明かり一つですべて食い止められるという過大な期待は禁物

なるほど。青い光に落ち着くという効果があるのですか。とはいえ、珍しい色だから目につく、というのはありそうな気がします。

なので、慣れてしまうと効果が薄れてくる、ということもあるのかもしれません。