DNA鑑定でコペルニクスの遺骨確認という記事より。

地動説を唱えたポーランドの天文学者コペルニクス(1473~1543年)とみられる遺骨を調査したスウェーデンの研究者らは、DNA鑑定の結果、本人と確認されたと発表した。

地動説を唱えたポーランドの天文学者コペルニクスの遺骨が、DNA鑑定により確認されました。別に遺されていた本人の毛髪とDNAが一致したということです。

ポーランドの考古学者が2005年に、同国北部フロムボルク大聖堂でコペルニクスとみられる頭蓋骨を発見。死亡推定年齢は60~70歳で、コペルニクスの死亡年齢と一致することなどから、この頭蓋骨は「コペルニクスの可能性が高い」とみられていた。

コペルニクスが生きたのは1473年〜1543年ということで、約500年ほど前になります。その遺骨が発見され、DNA鑑定して本人のものだということが明らかになったのですが、すごい話です。

ちなみに毛髪は、コペルニクスが所有していた本に挟まれていたものだということです。

同国の警察関係者が頭蓋(ずがい)骨などから復元した顔と、コペルニクスの肖像画はよく似ているという。

なるほどですねぇ。

誰も読まなかったコペルニクス -科学革命をもたらした本をめぐる書誌学的冒険 (ハヤカワ・ノンフィクション)

誰も読まなかったコペルニクス -科学革命をもたらした本をめぐる書誌学的冒険 (ハヤカワ・ノンフィクション)

■関連記事

コペルニクスの遺骨、DNA鑑定で確認

コペルニクスの遺体捜しは、同国やドイツなどの研究者らにより長年続いていたが、今回の鑑定によってようやく終止符が打たれることになった。