超小型車「iQ」が日本カー・オブ・ザ・イヤーという記事より。

自動車雑誌などで構成する日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は11日、2008-09年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に、トヨタ自動車が今月20日に発売する超小型車「iQ」を選んだと発表した。

トヨタが発表した超小型車「iQ(アイキュー)」が、2008-2009の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれました。

発売が11月20日ということで未発売の車種ですが、

選考対象としている日本で昨年11月1日-ことし10月末に発売された新型に該当しないが、実行委は「iQの発表会と試乗会が10月末までに実施されたため、慣例で選考対象に入れた」と説明している。

ということで、選考対象となり「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたということです。確かに来年では遅いですね。

発売されていないのに「日本カー・オブ・ザ・イヤー」ですから、これはインパクトがあります。

ネタフルでもトヨタ、超小型車「iQ(アイキュー)」発売開始というエントリーで紹介しています。

輸入車賞は高級乗用車「シトロエンC5」、特別賞は日産自動車のスポーツカー「GT-R」、ともにミニバンの富士重工業の「スバル エクシーガ」、ホンダの「フリード」を選んだ。

もし「iQ」がなければ、日産の「GT-R」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー」だったんでしょうかねぇ。

トヨタiQのすべて (ニューモデル速報 (第417弾))

トヨタiQのすべて (ニューモデル速報 (第417弾))

■関連記事

日本カー・オブ・ザ・イヤーはトヨタ「iQ」…発売前の車が受賞

ガソリン1リットル当たりの走行距離が23キロの低燃費で、9つのエアバッグを装備した。実行委は「高い安全性と環境への配慮もバランスよく実現した」と評価した。