小鳥に「高校生は、音楽CDのことをなんと呼ぶか?」というエントリーがありました。

問題:
最近の高校生は、音楽CDのことをなんて呼んでるでしょうか?

答えは、なんと「マスター」なのだそうです。

「おーい、浜崎の新しいアルバムのマスターゲトったぜ」という使い方をされるのですが、その後、CDはクラスを回覧され、最後は捨てられる運命なのだとか。

回覧する時は、もちろんiTunesなどに取り込まれているそうなのですが。

もうパソコンに取り込んだから、不要なのです。

パソコンに取り込んだCDは捨ててしまうという話は聞いたことがあったのですが、CDそのものを「マスター」と呼ぶようになっていたのは、ちょっと驚きです。

書棚に、自分のお気に入りの本やCDが並んでいると、それだけでぼくは嬉しくなったりするんですが、CDをコレクションする、という感覚はもはやないのですね。

音楽の売り上げが落ちてる理由って、ネットじゃなくて、CDが原因なのかもしれないですね。

うーむ、考えさせられる。