和歌山「たま駅長」の経済効果は11億円という記事より。

たま駅長の経済効果は11億円-。関西大大学院の宮本勝浩教授は3日までに、和歌山電鉄貴志川線の無人駅「貴志駅」(和歌山県紀の川市)で駅長を務める三毛猫「たま」の就任1年間の経済波及効果をまとめた。

和歌山電鉄貴志川線の無人駅「貴志駅」に、三毛猫の「たま駅長」がいらっしゃるのですが、駅長就任から1年の経済効果を試算したら、なんと11億円にも上ってしまったそうです!

これはすごいお猫様ですよ、ホントに。

試算によると、就任した2007年1月からの1年間は、乗客が前年より5万5000人増え、運賃収入だけで約1500万円増。

乗客が55,000人増ってすごすぎる!

さらに写真集や関連商品の波及効果が2,700万円、和歌山市の観光客増にも貢献したと推計されました。

「猫を駅長にするという奇抜なアイデアで、町おこしが大成功した」と試算した教授。

一時は廃線寸前だったのに「たま駅長」で起死回生の貴志川線なのでありました。本当にすごいニャア。周囲の人はタマりませんなぁ。

たまの駅長だより―いちご電車で会いにきて

たまの駅長だより―いちご電車で会いにきて

たまはスーパー駅長 ~いちごの風にのって~

たまはスーパー駅長 ~いちごの風にのって~

■関連記事

「たま駅長」の経済効果11億円と試算

一時は廃線寸前まで追い詰められた貴志川線。たまが駅長に就任して以降、写真集やDVDが発売されるなどアイドル並みの人気が出て、全国から観光客が訪れている。