人気ゲーム「逆転裁判」が宝塚舞台化という記事より。

宝塚歌劇団が初めてゲームソフトを舞台化する。ソフトはシリーズ計300万本を売り上げているカプコンの「逆転裁判」。

なんと、宝塚歌劇団がゲームソフトを舞台化します。そのゲームソフトとは「逆転裁判」です。

宙組の蘭寿とむ主演で「バウ・ロマン」として、来年2~3月に東京・千駄ケ谷の日本青年館などで上演。

「バウ・ロマン」として、上演されるということです。そのままの「逆転裁判」というタイトルになったりするのでしょうか。

「ゲームにはないラブロマンスも盛り込んで舞台化します」と、脚本・演出を担当する鈴木圭氏が語っています。

「逆転裁判」を実際にプレイしたことはないんですけど、テレビCMとかを思い返すと、確かに宝塚っぽい仰々しさというか、演出みたいなのが思い起こされますね。

ググったらニュースリリースが出てきました。

2009年 宝塚歌劇公演ラインアップ【宝塚バウホール、東京特別】<2〜3月・宙組>

300万本の売り上げを誇り、女性にも人気のゲームソフト「逆転裁判」を題材にした話題作で、アメリカを舞台に熱血弁護士が難事件を解決していく物語。宝塚歌劇では、弁護士としての活躍を描くと共に、ラブ・ロマンスの要素も織り込み、舞台化。ゲームソフトで使用される楽曲と宝塚版ミュージカルとのコラボレーションも見どころです。

舞台はアメリカ。ゲームソフトの楽曲も使われるというのは、非常に興味深いですね。タイトルも「逆転裁判 −蘇る真実−」ですよ。

「逆転裁判」ファンも、観劇に行ったりするのでしょうかどうなのでしょうか。

↓「逆転裁判」シリーズが「Best Price!2000」として、2,000円になっていました。

逆転裁判4 NEW Best Price!2000

逆転裁判4 NEW Best Price!2000

逆転裁判3 NEW Best Price!2000

逆転裁判3 NEW Best Price!2000

逆転裁判2 NEW Best Price!2000

逆転裁判2 NEW Best Price!2000

逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000

逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000