米国の長者番付ゲイツ氏15年連続トップという記事より。

米経済誌フォーブスが17日に発表した米国の資産家400人の長者番付によると、ソフトウエア最大手マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が資産総額570億ドル(約6兆円)で15年連続でトップとなった。

フォーブスが発表したアメリカの資産家400人の長者番付によると、ビル・ゲイツが約6兆円の試算で15年連続のトップになっています。

「V15」ビル・ゲイツ6兆円…米国長者ベスト10でトップ10が紹介されています。

1位 ビル・ゲイツ(マイクロソフト)
2位 ウォーレン・バフェット(バークシャー・ハサウェイ)
3位 ラリー・エリソン(オラクル)
4位 ジム・ウォルトン(ウォルマート)
5位 S・ロブソン・ウォルトン(ウォルマート)
6位 アリス・ウォルトン(ウォルマート)
7位 クリスティン・ウォルトンとその一族(ウォルマート遺産相続人)
8位 マイケル・ブルームバーグ(ブルームバーグ)
9位 チャールズ・コーク(コーク・インダストリーズ)
10位 デイヴィッド・コーク(コーク・インダストリーズ)

このランキングを見て思うのは「ウォルマート、SUGEEEEE!」ってことですね。

景気が後退する米国で、低価格路線で業績を伸ばす米小売り最大手ウォルマート・ストアーズの創業一族が躍進。

去年は12〜15位だったそうですよ。