行方不明ネコ、9年ぶり飼い主の元にという記事より。

英国で行方不明となっていた飼いネコが、9年ぶりに発見され飼い主の元に戻った。英王立動物虐待防止協会(RSPCA)が10日、明らかにした。

イギリスで9年ぶりに迷子の猫が飼い主の元に戻ることができたそうです。15歳の雌猫「ディクシー」は、1999年に行方不明となっていました。

飼い主はクルマにひかれて死んだと思っていたそうなのですが、

やせてみすぼらしいネコが数カ月にわたりいると地元住民がRSPCAに通報したのをきっかけに、バーミンガムのかつての家から半マイル(約800メートル)以内の場所で発見された。

ということで、意外にもすぐそばにいたみたいです。本人は家出したつもりはなかったのでしょうか。

9年も経過して、どうやって本人(?)かどうか判明したかというと、装着されていたマイクロチップにより分かったのだとか。

それにしても、9年ぶりに飼い主に戻るなんて、猫も飼い主もびっくりですね。家猫生活に戻れるのかどうか、ちょっと心配です。また家出しちゃうんじゃないかしら。

かご猫

かご猫

チーズスイートホーム 等身大ぬいぐるみ「猫、等身大になる。」眠り

チーズスイートホーム 等身大ぬいぐるみ「猫、等身大になる。」眠り