ガソリン、全国平均170円台へ値下がりという記事より。

新日本石油など石油元売り各社は1日、ガソリンなど石油製品の卸価格を一斉に引き下げた。原油価格が下落したためで、レギュラーガソリンの全国平均小売価格は、1リットル当たり170円台後半に下がる見通し。

ガソリンが1リットルで170円台になって「ああ良かった」って思えてしまうところが少し悲しいですが、値下げはウェルカムです。

アメリカでも値下がりしているという話がありましたから、ようやく日本でも、という感じなのでしょうか。

新日石は卸価格を8月に比べ1リットル当たり5円10銭引き下げた。値下げは、揮発油税などの暫定税率が失効した今年4月を除けば、2006年11月以来、1年10カ月ぶり。

これにより、180円台だったらレギュラーガソリン1リットルあたりの価格が170円台後半に値下がりする見込みだということです。

ただし「高水準であることに変わりはなく、消費者の買い控え傾向は続きそう」と記事。

■関連エントリー

ガソリン、値上げで140円台へ
ガソリン、4週連続で値上がり
ガソリン最高値更新、全国平均145.1円
ガソリン値上げ、150円前後に
ガソリン、ついに170円台に突入か?
レギュラーガソリンの全国平均171.9円
ガソリン、180円/1リットル突破へ
ガソリン、初の181円台に
ガソリン、185円/1リットルに
日本一高いガソリン代「母島」は1リットルいくら?