韓国ではFirefox 3が使い物にならない理由という記事より。

インターネットの普及率や生活の中に占める重要度では世界一ともいえるインターネット大国の韓国ではIEが99%でFirefox 3は 1%未満とまでいわれるほど全く普及しないでいる。

ダウンロード記録がギネスを達成したのも記憶に新しい「Firefox 3」なのですが、韓国では全く使い物にならないらしいというお話です。

2008年7月6日時点でののダウンロード件数として、次のような数字が挙げられています。

アメリカ773万件、ドイツ246万件、日本134万件、イギリス120万件、中国72万件、インド42万件、ベトナム20万件、フィリピン19万件、マレーシア16万件と続く中、韓国は14万8千件に過ぎなかった。

なんと日本の1/10です。

ブロードバンド大国として知られた韓国だったのですが「Firefox 3」がなぜこんなにも苦戦を??

と思ったら、至ってシンプルな理由でした。

韓国の電子政府、政府・行政サイト、インターネットバンキングをはじめほとんどのWebサイトがIE環境で動くように制作されているため、IEでは普通に見られるサイトがFirefox 3からアクセスすると「ページを表示できません」というエラーが登場するのだ。

それはもう「Firefox 3」を使える訳がないですね。

しかも、簡単で便利であるという理由から「ActiveX」がばんばん用いられているのだそうです。

つまり韓国はWeb標準を守らずマイクロソフトに依存したWebサイトを作ってきたためにIE以外ではWebサイトを表示できなくなってしまった。

韓国のウェブブラウザに、そんな事情があったとは‥‥。

そして韓国政府は、ウェブ標準でサイトを作り直すよりも、マイクロソフトにこれからも「ActiveX」を使えるようにお願いしているそうです。

もしかしてMacユーザもものすごく少ないんでしょうね。というか、IEが99%じゃ、ほとんどがWindowsユーザってことですよね。