小林尊さん、シンガポールで「雪辱」という記事より。

シンガポールで27日に開かれた(マレー料理の)焼き鳥サテの早食い競争で、米独立記念日恒例のホットドッグ早食い競争で6連覇を果たしたことがある小林尊さん(30)=長野市出身=が、ライバルの米国人ジョーイ・チェスナットさん(24)を破り、優勝した。

アメリカ独立記念日のホットドッグ早食い競争で、ライバルのジョーイ・チェスナットに2年連続で破れてしまった小林尊が、シンガポールで開催された早食いコンテストで雪辱を果たしています。

早食い競争は、シンガポール・フード・フェスティバルのイベントとして開催。

シンガポールまで早食いしに行っているところがプロですが(マネジメント会社はサニーサイドアップ)、食べたのは「焼き鳥サテ」というマレー料理で、12分間で5kgをたいらげました。

ソースが飛び散った黒いTシャツ姿で「早食い競争中は、自分と食べ物だけの世界に入る」と振り返った。

すごい集中力ですね。

負けたジョーイ・チェスナットは「ソースが思ったより甘く、ペースが鈍った」とコメントしています。

驚いたことにジョーイ・チェスナット - Wikipediaがあるんですよ! いやいやいや、彼もすごい戦績ですね。

International Federation of Competitive Eating (IFOCE)」という団体がありまして、ただいまランキング1位です。

そういえば小林尊、ホットドッグ早食いの時は(多分)ケチャップをイメージして髪の毛が赤でしたが、今回は青いですね。

■関連記事

小林さんリベンジV…シンガポールで焼き鳥早食い

ニューヨークで4日に行われた「ネイサンズ・ホットドッグ大食いコンテスト」でチェスナットに惜敗するなどスランプに陥っていただけに会心の復活Vだった。

早食い小林さん、シンガポールで米の雪辱

ホットドッグの競争では、小林さんが1昨年まで6連覇を達成したが、昨年と今年はチェスナットさんが連勝していた。