「女性は数学が苦手」は根拠なしという記事より。

全米の小、中、高校生を対象に実施された数学の試験の成績を解析したところ、男女差はなかったとの結果を米ウィスコンシン大の研究チームが25日付の米科学誌サイエンスに発表した。

個人的にはあまり「女性は数学が苦手」というイメージはなかったのですが、そういった俗説が否定される調査結果が発表されています。

「女性は数学の能力に劣るとの固定観念が親や教師にあるが、認識を改めないといけない」と指摘しています。

2002年以降に義務化された全米一斉試験で、日本では小学校2年生から高校2年生に相当する児童・生徒約700万人分の数学の成績を10州から入手し解析。

結果として男女差は極めて小さく「女性は数学が苦手」ということはなかったということです。

地図が読めるとか読めないとか、そういう話も話題になったりしましたね、そういえば。

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

■関連記事

「女性は数学苦手」は俗説

男性の方がばらつきが大きい傾向にあったが、トップレベルの成績についても男女差は認められなかった。

「女性は数学苦手」は俗説…全国試験解析で米研究者

チームによると、高校で数学の課目を選択する女性や、大学で数学の学位を取る女性の割合も、近年は男性に近づいているという。