ガソリン初の181円台…最高値を更新という記事より。

レギュラーガソリンの全国平均小売価格は、前週に比べ1リットル当たり9円50銭高の181円50銭と1987年の調査開始以来、初めて180円を突破し、最高値を更新した。

ああもう、きっと1リットル200円になってしまうんでしょうね、レギュラーガソリン。

先週からいきなり9円50銭も上がって、ついに全国平均小売価格は181円50銭となってしまいました。

140円とか150円とか、かわいかったなぁ。

120円の時と比較すると、1リットルあたりでは60円差。50リットルで満タンにしたら、なんと3,000円も違います。

120円 x 50リットル = 6,000円
180円 x 50リットル = 9,000円

ガソリンを満タンにすると、1万円札が飛び出していくのか‥‥。

夏休みの行楽シーズンに向けて家計の負担が一段と重くなりそうだ。

ここまで値上がりすると、クルマで遠出しようなんて思えなくなりますね。

クルマを手放したり、購入するにも燃費のいい軽自動車にしている人も少なくないのではないでしょうか。

■関連エントリー

ガソリン、値上げで140円台へ
ガソリン、4週連続で値上がり
ガソリン最高値更新、全国平均145.1円
ガソリン値上げ、150円前後に
ガソリン、ついに170円台に突入か?
レギュラーガソリンの全国平均171.9円
ガソリン、180円/1リットル突破へ
日本一高いガソリン代「母島」は1リットルいくら?