国際的になった「エダマメ」!有名辞書に載ったという記事より。

米出版社メリアム・ウェブスター(本社マサチューセッツ州)は6日、「メリアム・ウェブスターズ・カレッジエイト英英辞典」の最新版につまみの代表格、枝豆や世界経済を揺るがしているサブプライムなど100単語余りを新たに加えたと発表した。

アメリカの英英辞典「ウェブスター」に「枝豆」が追加されたことが発表されました。つまみの代表格、だそうです。

「edamame」って、そんなにメジャーだったんですか? アメリカでそんなに食べられているのでしょうか。

なお、出版物に最初に登場したのは1951年ということです。

他には、

テロリストが使用する可能性があり、放射性物質を爆発で散乱させる爆弾として恐れられている「ダーティー・ボム」(汚い爆弾、56年)、菜食主義者ながら魚だけは例外的に食べる「ペスカタリアン」(93年)、韓国の焼酎「ソジュ」(78年)、「サブプライム」(95年)

などが追加されています。

2006年には「google」が動詞として追加されたことが話題になったりもしました。

2004年にウェブスターのオンライン辞書で最も検索されたのが「blog」だったというニュースもありましたね。

そういえば、JINANも枝豆は大好きです。

ムゲンエダマメ

ムゲンエダマメ

■関連記事

米辞書に「エダマメ」など追加、JA大喜び

有数の産地である岐阜県のJAぎふの担当者は「健康志向という背景もあるのでは。ビールのおとも、子供のおやつとしてもっと食べてもらいたい」と喜んだ。