全日空、超大型機A380を日本初導入へという記事より。

全日本空輸は4日までに、欧州エアバス製の超大型機「A380」を購入する方向で最終調整に入った。

世界最大のエアバス「A380」が成田空港に就航して話題になりましたが、全日空が日本初導入する方向で最終調整に入ったと伝えられています。

気になるのはどこの路線かということですが、2012年以降にビジネス需要が伸びている欧米向けの路線に就航予定ということです。

燃費効率が優れる最新機で大量輸送することで、燃料高騰に対抗する狙いがある。

燃料高騰に対しての狙いもある、と。なるほど。

全日空は当初、米ボーイングの次世代中型機「B787」を導入して、成田、羽田両空港の発着枠が拡大する10年をめどに欧米路線を増便し、収益を拡大する計画だった。

しかし「B787」が再三延期されたことで戦略転換し、既に実績のある「A380」を導入することにしたようです。

■関連記事

全日空が超大型機「A380」日本初の導入へ

A380は総2階建てで、客室空間が500-800席と広いのが特徴。今年5月にはシンガポール航空が成田-シンガポール間で日本に初就航した。個室に近い「スイート席」など富裕層を意識した設計で、利用者の関心が高まっていた。