旭山動物園に「オオカミの森」オープンという記事より。

ユニークな展示手法が人気の旭山動物園(北海道旭川市)で、野山を駆け回るシンリンオオカミを間近で観察できる新施設「オオカミの森」が28日、オープンした。

行動展示が話題の旭山動物園に「オオカミの森」という施設がオープンしました。

雄雌計3頭が飼育され、柵越しに数メートルの距離まで近づくことができます。

「オオカミの森」オープンの前々日(26日)、偶然にも旭山動物園に行った時に撮影した写真があります。

hokkaido_R0015765.JPG

hokkaido_R0015766.JPG

お昼くらいに通ったときに撮影したものです。

午前中はマスコミ向けに公開されていたそうで、離れたところからもオオカミがいるのが見えたと、近くにいたおじさんが教えてくれました。

hokkaido_R0015810.JPG

午後に通りかかったときは、エキストラの人たちがいました。オオカミを慣れさせるため‥‥というような理由のようですが、正確なところは分かりません。

同園での大型展示施設の新設は約2年ぶりで、延べ約1900平方メートル。小菅正夫園長は「繁殖して、将来は大きな群れになってほしい」と期待している。

タッチの差で「オオカミの森」を見ることができなかったのですが、いつかまた旭山動物園に行ってみたいと思います。

「旭山動物園」革命―夢を実現した復活プロジェクト (角川oneテーマ21)

「旭山動物園」革命―夢を実現した復活プロジェクト (角川oneテーマ21)

旭山動物園の世界~動物たちの春夏秋冬

旭山動物園の世界~動物たちの春夏秋冬

■関連記事

オオカミの森がオープン…旭山動物園に新施設

地上部に張り出すように設けられた透明なドームにはオープンと同時に長い列ができた。大型展示施設の新設は約2年ぶりで、同園の新たな人気スポットとなりそうだ。