ガソリンレギュラー全国平均171・9円という記事より。

石油情報センターが4日発表した石油製品市況の週間動向調査(2日時点)によると、レギュラーガソリンの全国平均小売価格は前週比11・6円値上がりし、171・9円となった。

1987年の調査開始以来、170円を超えるのは初めてのことだとか。ついにレギュラーガソリンが1リットル170円の時代に!

なんかこう、不思議とクルマに乗りたくなくなるのはなぜでしょうね。

サンデードライバーだから、大きな打撃はありませんが、クルマに乗る仕事の人は大変ですね‥‥。

全国47都道府県では、千葉県や茨城県など7県を除いた40の都道府県で170円を超えた。最高値は長崎県の177円、次いで長野県の175・8円だった。

なんだか平気で200円くらいになってしまったりするのでしょうか。

ガソリン価格が170円突破…1987年の調査以来初によると、

前回調査(5月26日)からの上昇幅がもっとも大きかったのは関東と中部で、ともに12円30銭の上昇だった。

ということで、10円以上の値上がりはインパクトありまくりですね。50リットルで一気に500円プラスですから。

■関連エントリー

ガソリン、値上げで140円台へ
ガソリン、4週連続で値上がり
店頭ガソリン価格最高値更新へ
ガソリン最高値更新、全国平均145.1円
ガソリン値上げ、150円前後に
日本一高いガソリン代「母島」は1リットルいくら?
「ガソリン税暫定税率」復活で値上がりへ
ガソリン、ついに170円台に突入か?