米火星探査機が着陸成功という記事より。

米航空宇宙局(NASA)は米西部時間25日午後4時53分(日本時間26日午前8時53分)、無人探査機「フェニックス」が火星の北極付近に着陸したのを確認した。

NASAの無人探査機「フェニックス」が、無事に火星に着陸したそうです。

着陸の様子が書かれているのですが‥‥

フェニックスは、音速の約16倍の時速約2万キロで火星大気圏に突入。最初はパラシュート、続いて小刻みなガス噴射によって、スピードを人の駆け足並みの時速約8キロまで落とし、突入の7分後、三脚を使って着陸に成功した。

なんだかこう、SFっぽいですねー。場面を想像してしまいますよ。それにしても、遥か遠く火星に、探査機が着陸しているなんて、すごいです。

フェニックスは今後3か月にわたり、アームで地面を数センチ掘り、生命存在の条件である水と有機物の検出を目指す。

早速、写真が送られてきているのですが、それはコチラの記事で見られます。けっこう鮮明ですよ。何かが近づいてきたりしたら‥‥。

総費用は約4億5700万ドル(約470億円)。昨年8月打ち上げで、月との距離の約1800倍の約6億8000万キロを飛行した。

果たして、何が見つかるのでしょうか?

■関連記事

米火星探査機、着陸成功 4年4カ月ぶり…初の北極着陸

火星着陸は2004年1月の米探査車「オポチュニティー」以来4年4カ月ぶりで、北極付近への着陸は初めて。