性犯罪累犯者に電子足輪10年、韓国で成立という記事より。

韓国国会は22日、性犯罪を繰り返す人間について、仮釈放後や出所後の居場所を電波で把握できるようにする「電子足輪」を最大10年間装着させることを盛り込んだ関連法の改正案を可決、同案は成立した。

韓国では、性犯罪を繰り返す人間に対して、GPSを利用して居場所を特定する「電子足輪」を最大10年間装着する法案が可決しています。

装着期間は当初、最大5年とされていたが、その後、女子小学生が性的暴行を受け惨殺される事件が起きるなどし、施行前に改正が行われることになった。

性犯罪者は繰り返すなどとよく聞きますが、そのためにこうした「電子足輪」が必要、ということになったのですね。

ちなみに「電子足輪」は、どのように身体に身につけさせるのでしょうね。何らかの装置を身につけさせるのでしょうか。

■関連記事

性犯罪累犯者に“見えない鎖”韓国で

共同電によると、関連法は子供に対する性犯罪増加を受けて国会で昨年成立。年内施行予定だった。

性犯罪累犯者に「電子足輪」…10年間装着、韓国

衛星利用測位システム(GPS)が利用されるとみられる。