迷子のインコ 住所話して13日ぶり帰宅という記事より。

千葉県流山市の路上で6日、警察官に“迷子”として拾われたインコの一種「ヨウム」が、住所などを正確に話したことがきっかけで、13日ぶりに市内に住む飼い主の元に戻ることができた。

これはすごい。

迷子になって警察に保護されたインコの一種「ヨウム」が、自分の名前や住所を話したことから、無事に飼い主の元に戻ることができました。

流山署によると、ヨウムは保護された市内の動物病院で、中村さんが付けた「ナカムラ・ヨウスケ・クン」という名前や「ナガレヤマシ…」と住所を番地まで正確に話したり、歌を歌ったりしたという。

いやー、いろいろなことを教えておくものだとしみじみ思いますが、まさか自宅住所とは、あまり思いませんよね。

飼い主は「あまり飛ばないので、油断していた」のだとか。

「ヨウム」は、比較的上手に言葉をしゃべるので人気があるそうです。

■関連記事

迷子”ヨウム、住所話し13日ぶり帰宅

動物病院から19日に連絡を受けた流山署が、ヨウムが話した場所に飼い主が住んでいるのを確認、引き渡した。

迷子インコ、自宅住所しゃべって“帰宅”

飼い主の中村昌生さんは「あまり飛ばないので、油断していた。2年ぐらい前から住所などを教えていた」とほっとしているという。