1カ月間「絹モズク」生活−すし店の長女、能登の食材PRで挑戦という記事より。

能登前「幸寿司」(石川県鳳珠郡穴水町、TEL 0768-52-2114)の看板娘、橋本有子さんが4月1日〜4月30日の1カ月間、毎日「絹モズク」を食べる生活に挑戦して見事達成した。

能登前「幸寿司」の看板娘・橋本有子さん(記事に写真あり)が「くちこ このわたの店 じんきち」で取り扱う能登の食材をアピールするために、1ヶ月間「絹モズク」を食べ続ける生活にチャレンジしたそうです。

「絹モズク」だけ、ではなく、「絹モズク」を食べ続けるなので、

橋本さんは主に、酢の物、雑炊、粕汁などで食べたほか、湯通しした「絹モズク」を素麺と合わせて食べたりもした。

など、いろいろな食べ方にチャレンジしています。

モズクって酢の物でしか食べたことないんですけど、そんなにいろいろな食べ方があるものなのですか。

くちこ このわたの店 じんきち」を見たら、こんなことになってましたよ。

2008-05-19_1712.png

どんだけー。

納豆に長芋、トマトにキュウリ、ラーメンに醤油って、とりあえず何に入れても合いそうな予感ですね。

これだけ「モズク」だらけを見ると、ちょっといろんな食べ方をしてみたくなりますね。

そういえば「くちこ(なまこの卵巣)」「このわた(なまこの腸塩辛)」は食べたことがないんですけど、みると高級品なんですね。