沢本あすか、すべて曝け出した…中学時代は万引常習という記事より。

自称「永遠の22歳」のグラビアアイドル、沢本あすか(年齢非公表)が7日、東京・大手町のZAKZAK編集部を訪れ、今回の逮捕についてや今の気持ち、生い立ち、普段の生活、風俗嬢疑惑などについて完全激白した。

「当分はおとなしくします」と語っていたはずの沢本“永遠の22歳”あすかが、ZAKZAKの独占インタビューに答えています。

現在も仮釈放中で、しばしば警察に出頭しているみたいです。

「逮捕された日に雨でも降って秋葉原に行かなければ良かった」と後悔しているみたいですが、行為を止めなければいずれ逮捕されたんではないでしょうかね。

沢本は石川県金沢市で生まれ。父親が転勤族で、名古屋、岐阜、富山、東京と転々とした。幼稚園は2つ、小学校は4校、中学校は2校も転校。

各地を転々とする子供時代を過ごしたみたいですが、

・同級生を“シカト”していじめたことがある
・10年に1人の逸材だった
・よく万引してました

などと、当時を振り返っています。

「毎日、両親からパンを買うために500円貰っていた」というが、万引をすることでパン代を浮かし、「カラオケとか遊びに使ってました」と犯罪意識は薄いようすだった。

「中学生のころから策略家だった」とも語っているのですが、だったら写真付きでインタビューにでないで、しばらくは静かにしていた方が得策のような気もするのですが‥‥。

沢本あすか セクシースパイラル

沢本あすか セクシースパイラル

■関連エントリー

自称アイドル・沢本あすか、逮捕→30歳説否定
沢本あすか「私は永遠の22歳」