人気のSMAP定食 2週間で販売中止という記事より。

SMAPのメンバーが番組で大阪府の橋下徹知事に振る舞ったのをきっかけに、府庁食堂の新メニューとして登場した定食「かすつけうどん&スタミナ炒飯つき」(700円)が、わずか2週間で販売取りやめになった。

SMAP定食」がわずか2週間で販売中止になりました。

理由として「大阪の名物にと期待したがタレントや番組の宣伝になり、府庁をPRする本来の趣旨と懸け離れてしまった」とされています。

が、観光客が食べに来るほどの人気だったということで、府庁のPRに一役買ったのは間違いなさそうです。

中止はレシピの提供を受けた、テレビ局とも相談して決めたそうです。まあ、いろいろとあるのでしょうね。

なんとなく「SMAP定食」と呼ばれてしまったのがいけなかったんじゃないかと思うので、最初から「橋下定食」とか「知事定食」にしておいたら‥‥人気がでなかったかな。

■関連記事

大阪府庁食堂からSMAP定食消えた…本来の趣旨とかけ離れた

橋下知事が番組で「おいしい。府庁の食堂で出したい」と要望したことから、今月8日から庁内3カ所の食堂で販売を開始。

橋下府知事肝いり「SMAP定食」販売終了

値段は他のメニューより割高だったが、1日50食など数量限定販売で連日売り切れ。知事も「(客が)携帯カメラでうどんの写真をとっていたのはビックリした」と振り返るほどもてはやされた。

大阪府庁食堂「SMAP定食やめました」

SMAPのメンバーが番組で大阪府の橋下徹知事に振る舞ったのをきっかけに、府庁食堂の新メニューとして登場した定食「かすつけうどん&スタミナ炒飯つき」(700円)が、わずか2週間で販売取りやめになったことが23日、分かった。