マックカフェ“白旗”…店舗3分の1閉鎖へという記事より。

日本マクドナルドホールディングスが、昨年8月末に首都圏を中心に始めた新業態店「マックカフェ」15店舗のうち、3分の1に当たる5店舗を5月下旬から順次閉鎖する方針を固めた。

鳴り物入りで始まったマクドナルドの「マックカフェ」でしたが、あまりうまくいかなかったみたいです。15店舗のうち5店舗が閉鎖されることになりました。

スターバックスやタリーズなどのカフェブームに乗っかって大きく展開したかったところなのでしょうが、ファストフードというイメージを打ち消せなかったんでしょうかね。

激しい競争を繰り広げているライバルのカフェチェーンも黙ってみているわけがなく、スターバックスコーヒージャパンはマックカフェのオープンに合わせるように、朝食メニューを大幅拡充。

まあ確かにカフェでちょっとゆっくりコーヒーでも‥‥と思ったら、スターバックスやタリーズに行くかもしれません。

「収益強化に向けた実験的な位置づけだった」ということなので、とりあえず今回の実験はうまくいかなかったので早期撤退と、そういうことなのでしょう。

既に別の業態の店舗を年内にもスタートするそうです。託児施設のあるカフェとかだったら、黙っていても人気出そうですけど。

日本マクドナルド社長が送り続けた101の言葉

日本マクドナルド社長が送り続けた101の言葉