くいだおれ人形売却先決定へ専門チーム立ち上げという記事より。

7月の閉店が決まった大阪・道頓堀の大型食堂「大阪名物くいだおれ」は14日、看板人形「くいだおれ太郎」や商標権の売却先について検討するプロジェクトチームを立ち上げると発表した。

「くいだおれ人形」や商標権の売却のために「大阪名物くいだおれ」食堂がプロジェクトチームを立ち上げると発表しています。

確かに「くいだおれ」ブランドは、お金になりそうですからねぇ。既に「欲しい」と声を上げている企業もあるみたいですし。

これまでに複数の企業や団体から買い取りの申し出が殺到。創業者一族の役員だけでは内容を十分精査しきれないため、弁護士ら複数の専門家で構成するチームで検討してもらうことにした。

どんなメンバーで構成されるのでしょうね。有名な弁護士なども、名を連ねるのでしょうか。

「くいだおれ人形」売却で第三者委員会を設置によると、

「大事に育ててきただけに、太郎をどう活用してもらえるかが重要。第三者の冷静な目で、太郎を高く評価してくれる相手を見極めてもらいたい」

と社長がコメントしています。

■関連エントリー

「大阪名物くいだおれ」閉店で「くいだおれ人形」どうなる?
「くいだおれ人形」の経済効果は17億円!?