ドコモ、シェア50%割れという記事より。

電気通信事業者協会が7日発表した2008年3月末の携帯電話契約件数によると、携帯・PHSの合計契約数が1億733万9800件だったのに対し、NTTドコモの契約件数は5338万7700件でシェアは49・7%となり、50%を割り込んだ。

ドコモがシェア50%を切るのは、なんと10年半ぶりのことだそうです。ナンバーポータビリティの影響をもろに受けたことになります。

2000〜2002年に「iモード」でシェア60%に迫ったものの「FOMA」で繋がりにくいイメージが定着して「独り負け」に陥っていると記事。

確かに「FOMA」って、そういうイメージがありましたね。使っていないぼくですら、そうでしたから。

あとはCM展開や機種ラインナップなども関係していたと思うのですが、ナンバーポータビリティで価格戦略も含めてガッといかれてしまいましたね。

一方、ソフトバンクモバイルは安さをアピールした料金プランが好評で、昨年5月以降は月間の純増数で連続首位を守る。KDDIも好調を維持しており、ドコモとの差は縮まりつつある。

今後のシェア争いはどうなっていくのでしょうか。気になるのは「iPhone」がどのキャリアに決まるか、なのですが。

ドコモ10年半ぶりシェア50%割れによると、

新規契約から解約を差し引いた純増数は、ソフトバンクが267万件と年度単位で初の首位。KDDI(au、ツーカー)が215万件で続き、76万件のドコモが3位だった。

ということで、かなり差をつけられています。

■関連記事

携帯契約件数でドコモのシェア、10年半ぶり50%割れ

18年10月の番号継続制導入以降は、KDDIやソフトバンクモバイルの追い上げが勢いを増している。

ドコモ危機、ついにシェア50%割れ…7年連続で低下

ドコモは今年1月にPHS事業から撤退したこともシェア低下の要因となったが、携帯電話だけでみても07年3月末の54.4%から52.0%と7年連続で低下した。