auが通信方式でドコモなどに合流へという記事より。

2010年ごろにスタートする次世代携帯電話の通信方式について、KDDI(au)がこれまでの独自路線を切り替え、NTTドコモとソフトバンクモバイルが採用する方式に合流する方向で検討を進めていることが31日、分かった。

auが次世代携帯電話の通信方式について、ドコモ、ソフトバンクと同じ方針を採用することを見当しているそうです。

現在は同じ端末をキャリアを超えて使うことはできないのですが、総務省が次世代からこうした制限を廃止する方針ということもあるのでしょうか。

利用者からすれば端末を購入せずにキャリアを切り替えられれば、余計な費用もかからずに、操作も新しく覚える必要がなくてありがたいところです。

携帯電話の端末代金と通信料金が完全に切り離されることで、顧客獲得のために格安の料金サービスを投入するなどして各社間の競争が激化する可能性もある。

一方で、端末は値上がりするという訳ですね。

そうなると、次々に端末を乗り換えていくというのも現実的ではなくなり、じっくり熟考し今後、数年間に渡る自身の携帯電話戦略とかを考える必要が出てくるのかもしれません。

次世代では国際標準になることが有力視される「LTE方式」を採用する方向で検討している。

新しい規格は「LTE方式」というそうです。光ファイバー並みの高速通信が可能になると言われています。

■関連記事

次世代方式 auがドコモなどに合流へ

KDDIは現行の第三世代携帯では「CDMA2000」の通信方式を採用、「W―CDMA」方式のドコモやソフトバンクモバイルに先行して独自サービスを導入してシェア争いで躍進した