鳥取市天文台が宇宙ステーション撮影という記事より。

鳥取市の天文台「さじアストロパーク」は22日、宇宙飛行士土井隆雄さん(53)が搭乗している国際宇宙ステーションの撮影に成功し、画像をホームページで公開した。

鳥取市の天文台「さじアストロパーク」職員の男性が、宇宙飛行士土井隆雄氏が登場している「国際宇宙ステーション」の撮影に成功し、それをウェブサイトで公開したそうです。

午前5時すぎ、職員の織部隆明さん(36)がデジタル一眼レフカメラを使い、日本の上空約400キロを通過するステーションをとらえた。

どんな写真か興味があったので、ググッてみたら出てきました。

土井さん搭乗の国際宇宙ステーションをとらえた

2008-03-23_0804.png

実際には小さな点だったり線だったりするのですが、これはちょっと感動ですね。宇宙を飛んでいる「国際宇宙ステーション」が写っているのですから。

「露出5秒の間に移動しているため、宇宙ステーションは線を引いています」ということなのですが、5秒間でこんなに移動するものなんだ‥‥感動。

「小さな光にしか見えないが、その中で日本人の土井さんが作業していると思うと感慨深かった」と撮影者の方。同感です。

宇宙ステーションにかけた夢―日本初の有人宇宙実験室「きぼう」ができるまで (くもんジュニアサイエンス)

宇宙ステーションにかけた夢―日本初の有人宇宙実験室「きぼう」ができるまで (くもんジュニアサイエンス)