08年度最優秀車に「マツダ2」という記事より。

世界各国の自動車評論家らが選ぶ2008年度のワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)が20日、ニューヨーク国際自動車ショーで発表され、マツダの小型車「マツダ2」(日本名デミオ)が選ばれた。

世界各国の評論家が選ぶという「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を、日本のマツダ「デミオ」が受賞しています(海外では「マツダ2」というそうです)。

WCOTYは今年で4回目。昨年はトヨタ自動車の「レクサスLS460」が選ばれており、2年連続で日本勢が受賞した。

「世界一のコンパクトカーと評価されてうれしい」とマツダのグローバル広報企画部長のコメントです。

「デザインに加え、燃費や使い勝手の良さなども評価された」ということですが、確かに「デミオ」はモデルチェンジしてスタイリッシュになりましたね。

ウェブサイトを見たら早速、受賞記念特別仕様車がありました。

2008-03-21_0800.png

「欧州カー・オブ・ザ・イヤー」でも2位になっています。

新型デミオのすべて (ニューモデル速報 (第393弾))

新型デミオのすべて (ニューモデル速報 (第393弾))

カウル/CAUL マツダ デミオ

カウル/CAUL マツダ デミオ

■関連記事

最優秀車に「デミオ」…NY自動車ショーで発表

このほか、最も環境性能が優れた車にはBMWの「BMW118d」が選ばれるなどした。