「きりちんぽ」発売中止に!菓子「ちんこすこう」は… という記事より。

国の天然記念物「まりも」を模したエロカワ系キャラクター「まりもっこり」が全国的人気だが、同じノリで売り出した秋田名物「きりたんぽ」を模した「きりちんぽ」が大ブーイングの末、発売中止に追い込まれた。

地方のお土産事情にはとんとうといのですが、何やら“エロカワ系キャラクター”というのがブームになりつつあるのですか?

「まりもっこり」の人気にあやかり生み出された「きりちんぽ」が、クレームで発売中止になったという記事です。

他にも「ちんすこう」をもじった「ちんこすこう」なんてお菓子もあるのだとか。

すごいなぁ“エロカワ”ってキーワード。

倖田來未みたいなイメージの陰に隠れてますけど、これまでは秘宝館で楽しむみたいな感じだったものが、お土産屋さんの店頭で売られるみたいなものですからね。

「まりもっこりが欲じぃぃぃぃぃ!」って、店先で大きな声で子どもにダダをこねれたら、親としては赤面せざるを得ません。

そう、これが「まりもっこり」です。

「もっこり」を引っ張ると笑うんですって! アハハハハ。

「ちんこすこう」に至っては、どこで区切って読むべきか。やっぱり「ちんこす-こう」なんでしょうか。

下半身、裸だし!

なぜ「まりもっこり」が良くて「きりちんぽ」がNGだったのか?

「ちんこすこう」をヒットさせた会社の人が分析しています。

名前の末尾も、ウチが使っている『こ』ならかわいいけど、『ぽ』ではテカっているような、リアルな感じがありますし…。

「子宝」とつけたり、パッケージの絵にも相当、気を配ったと。

いずれにせよ、日本に新しい風が吹いている気がします。

遠くない未来に「日本全国“エロカワ系キャラクター”祭り」が、新宿の百貨店の催事場あたりで開催されるのではないでしょうか。