みかんジュースが出る蛇口、松山空港登場という記事より。

「愛媛県の家庭には、みかんジュースが出る蛇口がある」。そんな知る人ぞ知る“都市伝説”にちなんで1日、愛媛県産ミカンと伊予柑(かん)のジュースが出る蛇口が松山空港に設置され、利用客に無料で振る舞われた。

ドラえもんの道具みたいな話でございますが、愛媛の松山空港に「みかんジュース」の出る蛇口が設置され、利用客に無料で振る舞われたそうです。

空港で開催中の「愛媛いよかんまつり」の一環で「県産品をアピールする」のが狙い。1日限定で準備されたジュースは約120リットル、1000人分。

期間限定ではありますが「愛媛県の家庭には、みかんジュースが出る蛇口がある」という都市伝説を現実のものとしました。

順番を待つ行列ができて、携帯電話で写真を撮る人もいたそうで、これは極上のネタになった予感がします。

愛媛産のみかんと伊予かんの100%ジュースが、水道の蛇口から出てくるというお話でした。

■関連記事

「愛媛の家庭にはみかんジュースが出る蛇口が…」伝説

10リットル入りの冷蔵タンクと蛇口1個をつなぎ、一般家庭の台所の水道をイメージして流し台も用意。水道水の代わりに100%ジュースが流れ出る仕組みになっている。

蛇口からみかんジュース!愛媛“都市伝説”が松山空港に登場

大阪府から道後温泉に旅行にきた会社員、米田理恵さん(42)は「愛媛県ではみかんジュースを飲もうと思っていたが、空港の蛇口から出てきたのでびっくりした。マイルドでおいしかった」と笑顔で話した。