「ほっかほっか亭」を離脱 プレナス、総本部側と交渉決裂 5月から新店名という記事より。

持ち帰り弁当のプレナス(福岡市)は5日、「ほっかほっか亭」チェーンから離脱し、5月中旬から新たな店名で店舗展開することを決めた。

「ほっかほっか亭」内輪もめで分裂かというエントリーでお伝えしていたように、「ほっかほっか亭」のフランチャイズを展開している「プレナス」が総本部ともめていた件で、最終的に離脱することが決まったということです。

「商標権の一部は自社にある」とプレナスが主張していたものです。

全国の「ほっかほっか亭」約3500店の6割強を傘下に収めるプレナスが離脱することで、持ち帰り弁当業界の勢力図が一変する。

「プレナス」が展開しているのは、約2,200店舗にも及ぶそうです。これが全て離脱したら、総本部としても大打撃になりそうですが「ほっかほっか亭」での営業継続を働きかけているということです。

確かにお店側としてもこれまでの知名度、信頼度がありますから、そう簡単には決断できない問題ではありそうです。

■関連エントリー

「ほっかほっか亭」内輪もめで分裂か
「ほっかほっか亭」創業者に5億円