スーパードライをモスクワで展開という記事より。

アサヒビールは13日、主力商品である「スーパードライ」の生産と販売を、ロシアのビール最大手、バルチカ社に委託する契約を結んだ、と発表した。

アサヒビールがロシアのビール最大手バルチカと契約し、モスクワなどで本格的に「スーパードライ」を発売することになりました。

サンクトペテルブルクにある工場で「スーパードライ」を生産し、2008年4月よりホテル飲食店に向けて販売、さらに6月にはびん、缶での市販も予定されているとのこと。

これまでは日本から輸出していたそうで、ロシアでも受け入れられる、という状況がありつつの、現地生産に移っていくのでしょうね。

ロシアだとウォッカなイメージですが、やはり夏場はビールが主に飲まれたりするのでしょうかね。

今後はロシア周辺諸国にも、販売を広げていく計画だということです。

たかがビールされどビール―アサヒスーパードライ、18年目の真実 (B&Tブックス)

たかがビールされどビール―アサヒスーパードライ、18年目の真実 (B&Tブックス)