ゴールドマンCEOのボーナス77億円という記事より。

米証券大手ゴールドマン・サックスは21日、ロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)に対する2007年のボーナスとして、総額6790万ドル(約77億4000万円)の支払いを承認した。

ゴールドマンサックスのCEOは激務なんだと思いますが、それにしても77億円というのはすごいです。

証券業界の経営トップに支払われるボーナスとしては、過去最高だということです。

同社は米サブプライム住宅ローン関連の資産担保証券の急落を見込んだ「逆張り」投資で07年11月期に年間最高益を上げた。

“サブプライム”で泣いている人も多いのに、こうしてしっかりと儲けている人もいるのですね。

サブプライムローンで巨額の損失を出したモルガン・スタンレーのベアー・スターンズはボーナスを受け取らないそうです。

■関連記事

米証券会社CEOのボーナスは77億円

ブランクファイン氏は2680万ドルを現金で、残りは株式などで受け取る。