日本ハム・中田「白い恋人」9箱強奪!?という記事より。

11日、都内でのメディカルチェックを終えて、大阪に戻った中田の手には北海道銘菓「白い恋人」のおみやげが。その数、24個入りが9箱。この大量購入の背景には、怪物の“ごり押し交渉”があった。

“ごり押し交渉”というですかね‥‥売り切れ続出から一人あたり最大3箱という制限があるにも関わらず「何でダメなんですか!?」と食い下がったのだそうです。

制服越しからも分かる強じんな肉体と鋭い目つきで店員を圧倒し、特別に大量購入に成功した。

このあたりはスポーツ新聞なので割り引いて読まないといけないですが、

10箱だとさすがに失礼なので、9箱にしときました。3箱は自分が食べますよ

と得意げに語ってしまったそうです。いや、もともと一人あたり3箱ですから‥‥。

中学生時代の北海道遠征で「1日で5箱も食べてしまった」ほどで、大好きなのは分かりますが、他のお客さんのことも考えないといけませんね。

ちなみに、

10月の高校生ドラフトで中田が「北海道のイメージは?」の質問に「白い恋人」と即答した

ということがあり当時、営業停止だった「石屋製菓」が大喜びし、相思相愛で2008年春には「白い恋人」の贈呈式が行われることになっているのだとか。

もっと早くプレゼントしてあげれば良かったですね。