流行語大賞は「どげんかせんといかん」「ハニカミ王子」という記事より。

この1年の世相を反映し、話題となった言葉に贈られる「2007ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に3日、宮崎県の東国原英夫知事の「(宮崎を)どげんかせんといかん」と、高校生ゴルファー石川遼選手の愛称「ハニカミ王子」が選ばれ、東京都内で表彰式が行われた。

2007年の「流行語大賞」には、

・宮崎県の東国原英夫知事「(宮崎を)どげんかせんといかん」
・高校生ゴルファー石川遼選手の愛称「ハニカミ王子」

が選ばれたそうです。

「どんだけ〜」や「そんなの関係ねぇ!」なども注目を集めましたが、大賞には届かず。

東国原知事は「方言がこうやって市民権を得たことに感謝したい」とコメントしています。

石川遼選手は「受賞できて幸せ。一生の宝になる」とコメントしています。もともとの由来は「ハンカチ王子」ですよね?

受賞理由は次の通りです。

「知事選で簡明に訴えたお国言葉のフレーズが、日本中の老若男女の琴線に触れた」
「控えめで含羞(がんしゅう)を持った若者が絶滅しつつある中で、自然で明るく屈託のない独特の表情は日本人にとってノスタルジックな出会いだった」

受賞した流行語は次のようになっています。

大賞
★(宮崎を)どげんかせんといかん
★ハニカミ王子
トップテン
◆(消えた)年金
◆そんなの関係ねぇ
◆どんだけぇ~
◆鈍感力
◆食品偽装
◆ネットカフェ難民
◆大食い
◆猛暑日

ちなみに去年(2006年)は「イナバウアー」と「品格」でした。大賞ではないですが、「ハンカチ王子」も受賞しています。「○○王子」は2年連続受賞ですか。すごい。

■関連記事

東知事大賞!方言が市民権得た…07年流行語大賞

「実は私の息子も高校2年でして、会いたいなあ」と寂しそうな表情も。「会ってないのか」という報道陣の質問に対して「メールはしているんですが…」と言葉少な。

舛添大臣「申し訳ない」…07年流行語大賞

同じテーブルについた東国原宮崎県知事に「こんなんでもらっちゃってさぁ」と話しかけると「髪白くなってますね」と評されたと言う。

受賞関係ねぇ小島よしお大暴走…07年流行語大賞

体を小刻みに揺らし「うぇ~い」と奇声を発しながら「素晴らしい賞に選ばれて…。でも、でも、でも、でも、そんなの関係ねぇ! はい、オッパッピー」とネタで喜びを表現し、会場を盛り上げた。

ギャル曽根来年も食べる…07年流行語大賞

「大食いという特異体質を、ご家庭とかで楽しんでいただけたのでありがたい。来年も今年以上に食べたい」と笑顔を見せた。

寒い…「そんなの関係ねぇ!」不発

囲み取材中は取材陣のマイクやレコーダーを片っ端からくわえるなどやりたい放題。授賞の喜びや、授賞したお笑いタレントが一発屋になるというジンクスについて聞かれても「そんなの関係ねぇ!」の一点張り。

東知事 海パン断念 まじめに喜ぶ

表彰式の壇上で知事は、トップテン入りした小島よしおを意識して「今日は私も海パンで来ようかなと思った」とあいさつ。しかし、会場の反応はいまいちで「今の世相というか地方格差を如実に表した結果」とまじめな言葉で喜びを語った。

うぇ~い♪小島よしお“一発屋”確定?流行語トップ10入り

つい10カ月前までは無名芸人。それが、5月ごろからテレビの単発出演などで一気に注目を浴び、あれよあれよと、週にテレビ2本、ラジオ1本のレギュラー番組を抱える超売れっ子だ。

IKKO私じゃない…07年流行語大賞

「私が作ったわけではなく(新宿)2丁目のはやり言葉を使わせていただいた。先輩たちが『IKKOならいいんじゃない』と言ってくれた」と、色黒の顔をほころばせ感謝。