肖像画から推定、竜馬の身長169センチという記事より。

肖像画などで人物とともに描かれている着衣や所持品をヒントに、解剖学的に身長を推定する手法を、北里大の平本嘉助講師(解剖学、10月死去)と山梨県甲州市の郷土史研究家、矢崎勝巳さんが5日までに開発した。

人物とともに描かれている着衣や所持品から、身長を推定するという方法が開発され、坂本龍馬の身長が169cmと推定されたそうです。

坂本龍馬の場合は、和服の襟幅をヒントに推定されており、「竜馬はかなり身長が高かったともいわれているが」実はそれほど大きくはなかった、ということのようです。

肖像画で扇子を持っている戦国武将の武田信玄については、徳川将軍が使用したとされる扇子の長さなどから、紙が張られた部分を17センチと推定。上腕骨と身長に相関関係があることから、左上腕骨の長さを約31・5センチと見積もったところ、身長は約162センチとなった。

あくまでも推定でしかないですが、想像するってのはなかなか楽しいものがあります。

もし、坂本龍馬が営業マンだったら

もし、坂本龍馬が営業マンだったら

■関連記事

“長身”竜馬、実は169センチぜよ

豊臣秀吉の側室「淀の方」は、着物の襟幅と肖像画の方法により約168センチと推定。秀吉亡き後、豊臣家を守るために奔走した強力なキャラクターで知られる「淀の方」だが、今の世ならカリスマモデルの蛯原友里さん、女優の長澤まさみさんと同じスタイルとして注目されていたのかも知れない。

坂本竜馬の身長は169センチ?

竜馬はかなり身長が高かったともいわれているが、平本さんが計算した江戸時代の男性の平均1メートル60弱より、やや高い程度だったようだ。