ムツゴロウ王国が閉園、再び北海道へという記事より。

作家の畑正憲さん(72)の個人事務所が運営するテーマパーク「東京ムツゴロウ動物王国」(東京都あきる野市)は17日、11月25日で閉園すると発表した。

2004年に東京にやってきて2006年に経営危機が伝えられた「ムツゴロウ王国」ですが、ついに2007年11月で閉鎖されることになりました。

理由は入場者数の低迷で、年間30万人の見込みが、3年で30万人という結果に終わったということです。

飼育している犬113匹、猫41匹の一部は退職する職員が引き取るが、残りの馬などの動物は、東京進出以前に動物王国があった北海道中標津町の牧場に運ぶ。

引き取られる動物、北海道に帰る動物たちがいるようです。

新ムツゴロウ動物王国を見たら「ムツゴロウ動物王国は北の地へ戻ります」となっていました。

Tokyo-Mutsugoro-Oukoku1

「物たちとともに、北の地で「ムツゴロウ動物王国」は、さらなる展開を期します」とも書かれているので、北海道で再開される予定はあるようです。

やっぱり北海道にあるから「ムツゴロウ王国」だったのかもしれませんね。

ムツゴロウとゆかいな仲間たち 動物王国大全集 Vol.1

ムツゴロウとゆかいな仲間たち 動物王国大全集 Vol.1

ムツゴロウとゆかいな仲間たち 動物王国大全集 Vol.2

ムツゴロウとゆかいな仲間たち 動物王国大全集 Vol.2

■関連記事

「ムツゴロウ王国」閉鎖へ

10月20日から閉園までの週末や祝日は、畑さんも参加してファンへの感謝イベントを開く。動物王国は「原点の地、北海道でまたお会いする日を、動物たちともども楽しみにしております」とのコメントを発表した。

「ムツゴロウ王国」閉鎖へ…入場低迷、動物は北海道に

動物王国は2004年7月、動物と直接ふれあえる施設として、レジャー施設「東京サマーランド」の敷地内にオープンした。

入場者数低迷、ムツゴロウ王国が11・25閉園へ

飼育している犬113匹、猫41匹の一部は退職する職員が引き取るが、残りの馬などの動物は、東京進出以前に動物王国があった北海道中標津町の牧場に運ぶ。