“鉄道の殿堂”さいたま市にオープンという記事より。

明治期の蒸気機関車(SL)から最新鋭技術を使った運転シミュレーターまで、鉄道史を彩る名物列車を一堂に集めた鉄道博物館(さいたま市大宮区)が「鉄道の日」の14日、オープンする。

「鉄道博物館」が2007年10月14日、さいたま市にオープンしました。

SL「D51」の運転室を実物大で再現し、石炭に見立てたゴムをかまにくべて走行を疑似体験できる運転シミュレーターや、約200平方メートルの鉄道模型のジオラマも設置されている。

鉄道博物館」がオフィシャルサイトとなっています。

Railway-Museum1

かなりアクセスが集中しているのか、画像が表示されなかったり、時折「Service Temporarily Unavailable」が表示されたりしています。

鉄道博物館開館の御礼とお詫びとして、入場制限をしたことに関してお詫びが出ていました。

代わりに鉄道博物館 - Wikipediaで情報が見られます。

所在地は「埼玉県さいたま市大宮区大成町三丁目47番」で、アクセスは「ニューシャトル」の大成駅が良いようです。

「Suica入館システム」が採用されていて、自動改札機のような入口になっているそうです。ユニークですね。

DVD SLベストセレクション BOX

DVD SLベストセレクション BOX

■関連記事

鉄道博物館開館に9400人殺到

午前10時の開館前には徹夜組も含め約2000人が列をつくり、開館後も入場者が殺到。同館側は午後1時ごろ、危険を回避するとして新たな入場を中止した。

吉永小百合が鉄道博物館であいさつ

午前9時20分からの開館式にはJR関係者のほか女優吉永小百合が出席。吉永は「映画のロケで日本中の列車に乗ってきたので懐かしさでいっぱい」とあいさつした。