セブンイレブンが売れ残り弁当を飼料にという記事より。

コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンは29日、東京23区内の約1000店舗で売れ残った弁当や総菜などの期限切れ商品を、9月から家畜用飼料として活用を始めると発表した。

リサイクルした飼料で育てた豚や鶏などを、商品として使えるようなリサイクルを検討していくのだそうです。

ちなみにこれまでは売れ残った弁当屋総菜は、堆肥として利用されてきたそうです。

という記事の中で「セブン-イレブンの1店舗から出る1日当たりの生ごみは約15キログラム」というデータが紹介されていました。