全日空が紙の航空券全廃へという記事より。

全日本空輸は29日、年内に国内線全50空港で搭乗手続きの電子化態勢を整え、紙の航空券を全廃すると発表した。

IC機能付きの携帯電話や、マイレージカードに予約情報を入力して搭乗できるようになるそうです。利便性の向上とコスト削減が狙いです。

どちらも持たない乗客には、空港などで発行されるバーコードが印刷された専用の用紙で搭乗手続きを行うということです。

ぼくはどちらも持っていませんが、こういう時にウィルコマー少しは寂しさを覚えますね‥‥。

■関連記事

全日空が紙の航空券全廃へ…国内全線、携帯で搭乗も

全日空は紙の航空券を発行しない「スキップサービス」を2006年9月に導入したが、利用できる空港が少なかったり、手荷物を預ける乗客が利用できないといった制約があり、利用者が限られていた。