多治見、熊谷で40・9度、74年ぶり更新という記事より。

日本列島の猛暑は16日も衰える気配を見せず、岐阜県の多治見で午後2時20分に、埼玉県の熊谷では同2時42分に、それぞれ気温40・9度を観測。

もう既に先週の話ではありますが、これはメモっておかないと!

熊谷というのは埼玉県内でも気温が高いことで知られているのですが、なんと74年ぶりに最高気温を更新したのだそうです。

これまでは山形の40.8度でした。テレビで山形の人たちにインタビューしていたのですが、誇りをもっていたとか、残念といった意見が紹介されてました。

それにしたって、40度は暑いですよ。体温を超えたくらいから、だんだんと厳しくなっていきますね。

今回は74年ぶりの更新ということですが、毎年の記録更新にならないように祈りたいものです。

■関連記事

熊谷などで40・9度 国内最高更新

15日に群馬県の館林で40・2度を記録したのに続き、日本列島は2日連続で気温が40度を超す地点が出る酷暑となった。

熊谷と多治見で40.9度!74年ぶり国内最高記録更新

気象庁によると、高温の原因は南米ペルー沖で海面水温が下がり異常気象をもたらすとされる「ラニーニャ現象」により勢力を増した太平洋高気圧に覆われた上、山越えの乾いた熱風が吹き下ろす「フェーン現象」などが加わったためとみられる。