え、そっくり!?和歌山市と高松市が酷似ポスターに困惑という記事より。

和歌山市で開催中の「城フェスタ」と12日から高松市で開かれる「さぬき高松まつり」のポスターのデザインが酷似し、いずれも広島県在住の男性デザイナーの作品だったことが9日、分かった

写真が掲載されていますが、確かにこれは似ている‥‥。

城にいるのが殿様っぽく、もう一方が町人ぽいのですが、右手に持っているのがセンスだったり、ポーズがほとんど同じだったりして、酷似と言われるのも分かるような。

どちらも公募のポスターだったらしく「未発表作品に限る」という条件があったものの、「遺憾だ」と伝えた高松市に対してデザイナーの男性は「私の作風で同じデザインではない」と回答したということです。

せめてポーズが違っていれば、こうした問題にはならなかったかもしれませんね。

同じデザイナーの作品だから類似は当然なんですが…によれば、

和歌山市は「あまりに似ている」として法的に問題がないか検討する方針。

だそうです。

同時に二つもポスターに採用されたこの男性、いったいどんな方なんでしょうか。