店頭ガソリン価格最高値更新へという記事より。

新日本石油は27日、8月出荷分のガソリンなど石油製品の卸価格を、7月に比べ1リットル当たり4円10銭引き上げると発表した。

ぐはっ。ガソリンの卸価格が一気に1リットルあたり4円以上も引き上げられるそうです。

これが反映されれば、1987年の統計開始以降の最高値144円10銭(2006年9月)を更新する見込みだということです。

4週連続で値上がりしているというニュースをお伝えしたばかりですが、卸価格引き上げはこれで6ヶ月連続になるそうで、お盆休みを控えて、遠出は止めようなんていう人も出てくるのでしょうか。

石油連盟によると、レギュラーガソリンの平均価格は、第2次石油危機後の1982年に、東京都内の平均価格で177円まで高騰したことがあるという。

テレビを見ていたら、ガソリンだけでなく様々なものが微妙に値上がりしてきているようですね。ネタフルでもお伝えしているマヨネーズなんてのももちろんそうです。

■関連エントリー

ガソリン、値上げで140円台へ
ガソリン、値上げで134円に
ガソリン、4週連続で値上がり