欧州殺人熱波!ハンガリーで500人死亡という記事より。

欧州中南部が猛暑に襲われ、各地で死者が相次いでいる。ハンガリーでは過去1週間で推定約500人が死亡したとみられ、過去最高気温を記録したルーマニアでも老人を中心に27人が亡くなった。

ヨーロッパを熱波が襲っているそうです。6月下旬に続く第二波で、ハンガリーではわずか1週間で500人が死亡したと推定されています。

亡くなっているのはほとんどが病人や老人ということなので、あまりの暑さに耐えられないということなのですね。

ハンガリーの気温は分からないのですが、

・ルーマニア 44度
・マケドニア 42度
・ギリシャ 45度

など、軒並み40度以上を記録しています。

「夏休みを控えた日本人観光客への影響も懸念されている」ということですが、それ以上に現地の人たちの健康も心配です。

日本も今年は猛暑になると言われていましたが、日本の夏は「平年並み」に“下方修正”という記事が出ていました。

当初、高いと予想していた東日本と西日本の8月の気温について「平年並み」に修正。9〜10月の気温は高いと予測した。

覚悟はしていたのですが、ちょっとホッとしました。予想より太平洋高気圧の勢力が弱かったのだそうです。