那須御用邸、半分を開放へという記事より。

宮内庁と環境省は19日、那須御用邸(栃木県那須町)の用地約1200ヘクタールのうち半分近い約570ヘクタールを、自然観察などの場として恒久的に開放すると発表した。

那須御用邸の土地の約半分が、自然観察などの場として整備され、日光国立公園の一部として解放されることになるのだそうです。

用地の大部分は日光国立公園内にあり、ブナやミズナラなどの自然林が広がっているほか、温泉源や河川もある。

5〜6年後ということでまだ少し先なのですが、那須に行くのが楽しみになりそうです。

天皇陛下が「国民が自然に触れ合える場として活用しては」と発案したのだそうで、主に北側の用地が解放されるとのこと。

■関連記事

子連れ那須旅行記 〜カントリーコネクション
子連れ那須旅行記 〜カントリーコネクション2004年秋
子連れ那須観光記 〜カントリーコネクション2005年春
子連れ那須旅行記 〜カントリーコネクション2005年夏
子連れ那須旅行記 〜カントリーコネクション2006年初春
子連れ那須旅行記 〜カントリーコネクション2006年夏
子連れ那須旅行記 〜カントリーコネクション2006年秋
子連れ那須旅行記 〜カントリーコネクション2007年春