京大生が持ち運び住宅「くじらアパート」開発という記事より。

京都大農学部四年の林剛平さん(22)=京都市左京区=が9日までに、持ち運びできる丸形住宅「くじらアパート」を開発した。

「くじらアパート」というネーミングが、なんだか夢があっていいですね。

移動式の住宅は、ヤンマガで連載されている「ユキポンのお仕事」に、ガウディさんという人がコツコツと作っているアパートが出てきますね。あれも楽しそうですが。

さて「くじらアパート」ですが、どういう形かというと、三輪車にカタツムリを載せたユーモラスな姿だそうです。

どこかで写真が見られないものかと思ったら、“秘密基地”イメージ 丸形住宅「くじらアパート」開発という記事に写真が掲載されていました。

本当だ、カタツムリすぎる!!

これは「くじらアパート」というよりも「カタツムリアパート」でも良いかもしれませんね。

子供の頃に思い描いた「秘密基地」のイメージで考案されたもので、木組みに防水処理を施した和紙で作られているのだそうです。

ユキポンのお仕事 11 (11)

ユキポンのお仕事 11 (11)